ここから始まるI・J・Uターン

「地元に帰る帰らない会議」in 移住・交流情報ガーデン
「都会に残るのか、はたまた地元に帰るのか」
参加者たちのモヤモヤを解決
photo
三浦大紀 さん
地元・島根県を拠点に企画・宣伝等の事業を展開する株式会社シマネプロモーションの代表取締役。
 今春、移住に関する情報拠点として東京駅そばにオープンした「移住・交流情報ガーデン」。専門の相談員が常駐し、各県のパンフレットを揃える等、地方への移住希望者に対して情報を提供している。週末には移住に関するイベント等もあり、気軽に立ち寄れるオープンな雰囲気とアクセスの良さで活況を呈している。
 平成27年4月25日には、公益財団法人ふるさと島根定住財団と法政大学の学生たちが共同で「地元に帰る帰らない会議」を開催。出身地や年齢を問わず「地元にUターンしようかモヤモヤ悩んでいる方」を対象にした会議には30人が参加した。
photo
関心を持つことが地元愛につながる
 会議は、地元の島根県を拠点に企画・宣伝の事業を展開する株式会社シマネプロモーションの代表取締役・三浦大紀さんのゲストトークからスタート。国会議員秘書やNGO・日本リザルツの職員等の経歴を持つ三浦氏は地元に戻った理由について「国会や国際協力の団体で働いていた頃は日本や海外に対する関心が強かったが、もっとも身近な場所である地元を飛び越えていることに気付いた。私が尊敬するマザー・テレサは『愛の反対は無関心』と言っているが、言い換えると『関心を持てば愛が生まれる』ということ。それが“地元愛”に置き換えられていく。本日のテーマ、『地方で働く』とはどういうことか。私が考えるのは、役割を持つということ。場所にこだわるのではなく、まず身の周りに関心を持ち、自分の役割を探し、作り出していくこと」と語った。
photo
会場には島根県だけではなく、多様な出身地の参加者が集まった。
photo
田中輝美 さん
故郷・島根県を舞台に活躍する“ローカルジャーナリスト”。著書やネットで島根暮らしの“リアル”を発信中。
好きな気持ちを発信しよう
 続いてマイクを握ったのは、地元・島根県で“ローカルジャーナリスト”として活動する田中輝美さん。地方紙・山陰中央新報社で新聞記者として働く中で、地元愛に目覚めた。「入社直後は都会や大企業で働くことがカッコいいと思っていたが、転職を考えた際に脳裏に浮かんだのは、友達や仲間等、地元にいる好きな人たちの顔。ここで生きていくことが自分の幸せだと気付いた。そこから主にインターネットで情報を収集し、山陰地方の文化を見直し、山陰の魅力を丁寧に伝えている『NPO法人くらしアトリエ』とも交流を持つことで、島根の魅力を再認識できた。地元の魅力の見つけ方として大切なのは、自分でも情報を発信するということ。“島根が好き”等、発信すればするほど、情報は集まってくる。まずは動いてみること」。
 この後のグループワークでは、参加者が5〜6人の班に分かれ、それぞれ「地元のいいところ」を出し合い、各班でもっとも盛り上がった話題を発表。「島根は自然が豊かで登下校が楽しい」「大阪には親しみやすい特有のくだけた敬語がある」等、様々な視点から地元の魅力を再発見した。
photo
グループワークでは、自分たちの出身地の魅力を出し合う。「自分の出身地以外の地域の方が魅力を見つけやすい」との声も。
photo
出身地だけが地元じゃない
 参加者の広島県出身の大学生・倉田敏宏さんは「地元が懐かしくなった。いろんな意見が聞けて、見えていなかったところが見えてきたので今後の参考にしたい」と語った。
 主催した法政大学社会学部藤代ゼミの学生、沼能奈津子さんは「地方出身の私は、将来的に『地元に帰らなきゃ』という思いがあったが、ゼミでの島根取材を通し、場所にとらわれず好きなことをやっている人たちに出会えた。今日の会議をきっかけに、どこで生きるのかを見つめ直すきっかけにしてもらえれば」と期待を寄せた。
photo
新規就農希望者向けの相談ブース。予約なしで気軽に相談できます。
移住・交流情報ガーデン
移住・交流情報ガーデン  移住に関する情報の窓口として、総務省が平成27年3月28日に八重洲通り沿いにある「越前屋ビル」の1階に開館した「移住・交流情報ガーデン」。東京駅からなら、八重洲中央口を出て地下街に直進し、突き当たりの右方の24番階段を上がるのが分かりやすく、悪天候時にも便利だ。通りに面した明るい館内には、移住や就農等についての相談員が常駐し、「移住に興味はあるけど、時期も場所も未定」といった相談も可能。各都道府県の情報誌の配布や、移住情報を自分でチェックできるパソコンの設置、キッズスペースとして利用可能な和室の完備等、誰にでも開かれた窓口として情報を発信している。週末には移住にまつわるイベントも開催中だ。
住所 東京都中央区京橋1丁目1-6 越前屋ビル1階
時間 【平日】11:00〜19:00 【土日祝】10:00〜18:00
休み 月曜日
URL https://www.iju-navi.soumu.go.jp
 
【No27(2015年夏号)掲載】
Free Magazine 無料
web-iju.info
 
働きながら学ぶ就農 こうちアグリスクール
 
晴れの国おかやまで農業をやってみませんか
 
富良野で農家になろう!
 
新規就農本
 
募集・求人情報
 iju infoとは
 iju info設置場所
 新・農業人フェア
 農・林・漁に就く
農業林業漁業
 I・J・Uターン情報
 農園歳時記
 保険・税・移住の手続き
データで見る新規就農
 読者コーナー
ポリシー
個人情報対応 | メディア情報
 
全国新規就農相談センター
 
農業技術検定
 
全国農業新聞
 
全国農業図書
 
全国農業会議所
 


web-iju.info内を検索
wwwを検索
 
■PDFファイルについて
 このサイトでは、PDFファイルを使用しております。PDFファイルを表示するにはアドビシステムズ社のアドビリーダーが必要です。アドビリーダーはアドビシステムズ社より無償で提供されています。下のアイコンをクリックすると、ダウンロードすることができます。