ここから始まるI・J・Uターン

特集
農林漁業を体験しよう!
TOPimg
農山漁村へ移住して、農林漁業へ就業する。
その決心をする前に、実際に体験してみることも重要だ。
東京の練馬区から始まり、各地に広がった「農業体験農園」では、農家の手ほどきを受けながら、野菜栽培を体験できる。都会暮らしを続けながら農作業や収穫の喜びを味わえるのもメリットだ。
林業、漁業でも、各地でさまざまな体験コースが実施されており、希望者にとって貴重な機会となっている。
こうした体験を経て、農林漁業を本業にした方々を取材した。

プロの農家が野菜作りを指導
消費者参加型農業の優良モデル

 平成8年、日本初となる農業体験農園「緑と農の体験塾」が東京都練馬区にオープン。農業体験農園は、農業者が行う農業経営の中で、利用者が種まきから収穫までの農作業を体験できる農園だ。
 作付作目の決定、種苗や農具等の準備は農園主が行うため、利用者は農園を手ぶらで訪ねてもよく、農業の基礎や作業の手順等の講習も受けられるので、安心して栽培に取り組める。
 市民農園では、利用者が自由に耕作するため、病害虫の発生や耕作放棄等のトラブルが生じる場合もある。農業体験農園は、これらの課題を解決する消費者参加型農業の優良モデルとして全国的な広まりをみせ、今では多くの利用者に親しまれている。
 昨年5月に政府が策定した都市農業振興基本計画でも、都市住民が農業を体験し農業理解を醸成する場の提供が求められ、その役割を担うものとして、今再び注目を集めているのだ。
塾体験

緑と農の体験塾  農園主 加藤 義松さん
特定非営利活動法人
全国農業体験農園協会 理事長
加藤さん
連絡用のホワイトボード

利用者への連絡用のホワイトボード。

 東京都練馬区の閑静な住宅街に広がる、約70aの農地。「緑と農の体験塾」は、農業体験農園の先駆けであり、現在は153組の利用者が耕作に取り組む。
 「昭和55年に家業である農業を継ぎましたが、都市で農業を続けるには周囲の理解が不可欠でした。理解者を増やす努力をしながら、たどり着いたのがこの農園です」。
 農園主の営農計画のもと農業を体験するスタイルは、利用者が自由に耕作する従来の市民農園とは異なる発想に基づいている。
 「まず知ってもらいたいのは、農家だって苦労するくらいですから、野菜作りは奥深くて難しいということです。せっかく野菜作りに興味があるのに、環境も整わない中、自己流で挑戦し、挫折する人が多いのはもったいない。体験農園なら必要な設備や農機具が揃っており、手ぶらで来てもらえますし、講習も行いますので、初めてでも高品質の野菜が収穫できます」。
 トマト、キュウリ、ナス、カブ、ミズナ等、年間を通して約35種類もの野菜を育てていると聞くと、「大変そう」と感じるかもしれない。しかし、収穫期を除けば2週間に一度の通園でも問題ないという。
 「1区画30㎡ですが、1回あたりの作業時間は1〜2時間あれば充分でしょう。それでいて、年間の収穫量は平均約270kgになります。これは厚労省が定める成人の1日の野菜摂取目標量350gを2人分賄える量です。家族で育てれば、野菜が食卓に上った際に話題にできるし、コミュニケーションのきっかけにもなります」。
 野菜作りを通じての他の利用者との交流は、農業体験農園の魅力のひとつでもある。
 「利用者は30代から70代まで、世代も経歴もさまざまです。そんな方々が助け合い、作業の合間に世間話をして気持ちの良い時間を過ごしている。利用者同士に親睦を深めてもらうため、収穫祭や旅行会等も行っています」。
 イベントを通して農業の知識だけではなく、お彼岸や初午(はつうま)のお祝い等、農家に息づく文化まで伝えているという同園。コミュニティ活動の拠点としても大きな役割を果たしている。

利用者の声

清水さん  種をまいたらきちんと芽が出てくれるし、とても嬉しくなりますね。丁寧に教えていただけますので、安心して美味しい野菜が作れますよ。
太田さん  農園を利用して12年になりますが、育っていく野菜を見ているといまだに感動を覚えます。農作業を通じて、知り合いもずいぶん増えました。
農業・林業・漁業の体験 & 就業情報をチェック!
全国農業体験農園協会

全国農業体験農園協会
http://www.nouenkyoukai.com/

林業就業支援ナビ

林業就業支援ナビ
http://www.nw-mori.or.jp/

おすすめ図書

市民参加の経営革命
農業体験農園の開設と運営 改訂版

発行:
(一社)全国農業会議所
定価:
1,100 円
規格:
A5判 85頁
 
市民参加の経営革命(表紙)
【No29(2016年冬号)掲載】
Free Magazine 無料
web-iju.info
 
働きながら学ぶ就農 こうちアグリスクール
 
晴れの国おかやまで農業をやってみませんか
 
富良野で農家になろう!
 
新規就農本
 
募集・求人情報
 iju infoとは
 iju info設置場所
 新・農業人フェア
 農・林・漁に就く
農業林業漁業
 I・J・Uターン情報
 農園歳時記
 保険・税・移住の手続き
データで見る新規就農
 読者コーナー
ポリシー
個人情報対応 | メディア情報
 
全国新規就農相談センター
 
農業技術検定
 
全国農業新聞
 
全国農業図書
 
全国農業会議所
 


web-iju.info内を検索
wwwを検索
 
■PDFファイルについて
 このサイトでは、PDFファイルを使用しております。PDFファイルを表示するにはアドビシステムズ社のアドビリーダーが必要です。アドビリーダーはアドビシステムズ社より無償で提供されています。下のアイコンをクリックすると、ダウンロードすることができます。