ここから始まるI・J・Uターン
iju info
移住 このコーナーでは、Iターン、Jターン、Uターンし、地方で企業等への就職、農林漁業への就業、田舎暮らし(定住)を希望する人たちに、道府県庁が開設する関連情報を提供する窓口について、@東京や大阪など地元以外に設置する窓口、A地元に設置する窓口―に分けてとりまとめている。
  身近にあるこうした窓口を積極的に活用して、情報を収集しよう。

 最近、「自然や生き物が好き」「田舎に住みたい」といった人とともに、「農林水産業にビジネスチャンスを感じる」などという若者が増え、農林水産業が職業の選択肢の一つとして認知されてきた。また、I ターン・J ターン・U ターンして、地方の企業で働きたいという人も増えてきた。
  これらの社会的ニーズに加え、今後は2007年以降『団塊の世代』約700万人の定年を迎えたり、国民の食の安全や環境に対する関心の高まりから、都市から農山漁村への定住を求める田舎暮らしなどの傾向も強まっている。
  また、05年3月に国土交通省が行ったアンケートでは、都市住民が都会での就業を続け、生活のかなりの部分を農山漁村で過ごす「二地域居住」という新しいライフスタイルのニーズが年々増加しているという結果も出ている。
  地域に定住し就業するということは、同時に農山漁村に住み、暮らすこと。つまり地域社会の一員となり、例えば農業に就けば、農業用水などの利用・管理にともなう共同作業をし、定住すれば地域の伝統行事や冠婚葬祭などの習慣にも参加・協力する。隣人と触れ合い、情報交換することで地域社会にとけ込むことが大切になってくる。それは現代の都会人が、過去に置き忘れ、苦手な部分だろう。そのためには、なんでも相談できる人をその地域内に確保することが大事になるし、地元住民とも積極的に付き合うことが重要となる。

●地元に設置されているI・J・Uターン定住・相談窓口 [PDF 163KB]
●道県I・J・Uターン就職情報等提供・相談窓口 [PDF 87KB]
Iターン、Jターン、Uターンし、地方で企業等への就職、農林漁業への就業、田舎暮らし(定住)を希望する人たちに、全国の関連情報を提供する窓口をまとめています。
 身近にあるこうした窓口を積極的に活用して、情報を収集しましょう。
Free Magazine 無料
web-iju.info
 
働きながら学ぶ就農 こうちアグリスクール
 
晴れの国おかやまで農業をやってみませんか
 
富良野で農家になろう!
 
新規就農本
 
募集・求人情報
 iju infoとは
 iju info設置場所
 新・農業人フェア
 農・林・漁に就く
農業林業漁業
 I・J・Uターン情報
 農園歳時記
 保険・税・移住の手続き
データで見る新規就農
 読者コーナー
ポリシー
個人情報対応 | メディア情報
 
全国新規就農相談センター
 
農業技術検定
 
全国農業新聞
 
全国農業図書
 
全国農業会議所
 


web-iju.info内を検索
wwwを検索
 
■PDFファイルについて
 このサイトでは、PDFファイルを使用しております。PDFファイルを表示するにはアドビシステムズ社のアドビリーダーが必要です。アドビリーダーはアドビシステムズ社より無償で提供されています。下のアイコンをクリックすると、ダウンロードすることができます。