「iju info」/移住インフォ 移住情報
農林漁業就業・ふるさと情報  Produced by NCA 全国農業会議所
募集・求人情報
分類/エリア 農業/全国
名称 日本農業技術検定
キャッチコピー 就農や農業法人、JA等就職に役立つ「日本農業技術検定」
掲載情報

日本農業技術検定のご案内

日本農業技術検定とは?
日本農業技術検定は、わが国の農業現場への新規就農のほか、農業系大学への進学、農業法人や関連企業等への就業を目指す学生や社会人を対象として、農業知識や技術の取得水準を客観的に把握し、教育研修の効果を高めることを目的とした農業専門の全国統一の試験制度です。平成30年度は2万6千人を超える受験があり、これまでに約25万人以上の受験者がありました。

合格のメリットは?
合格者には農業大学校や農業系大学への推薦入学で有利になったり、受験料の減免などもあります! また、農業法人への就農の際のアピール・ポイントとして活用できます。JAなど社会人として農業関連分野で働いている方も資質向上のために受験しています。就農や農業法人、JA等への就職のために、ぜひ日本農業技術検定を受験しましょう!


「営農技術の習得」は、就農の重要な要素です!

試験の日程は?
2019 年試験日:
【第1回】7/13(土)
【第2回】12/14(土)※1級試験は第2回のみ実施
試験科目:
3級 栽培系・畜産系・食品系・環境系の4選択科目、マークシート方式
2級・1級 作物・野菜・花き・果樹・畜産・食品の6選択科目、マークシート方式
試験結果(2018年度)

 

受験団体の声

営農指導体制の再編・強化にむけた人材の資質向上に日本農業技術検定を活用
JAハイナン
静岡県のJAハイナンでは、茶を中心とする地域農業振興にむけて、営農指導を強化するための6チームの作物別指導体制を再編することとし、あわせて人材の資質向上に取り組むことにしました。
その準備として、農業技術員や農業アドバイザーなどが日本農業技術検定を受験し、農協では過去問題を配布、職員は仕事の合間に独学で勉強に励みました。その結果、平成30年7月の試験で2級に15名が合格しました。営農指導の際も、農業者の方々と農業技術についての共通の認識が深まるなどの成果があらわれています。

農業技術の知識取得の動機付け、到達度判定に日本農業技術検定は効果的
名城大学農学部
名城大学農学部は、広大な附属農場を有し、作物・果樹・蔬菜・花卉・造園・畜産など6分野を網羅しており、農業関連企業のほか、管内のJAや公務員(農業)として就職する卒業生も少なくありません。日本農業技術検定には、平成30年度第2回検定から2級の団体受験に取り組んでいます。就職にあたってキャリアは必要ですし、JAや公務員になっても農業現場での基礎的知識は求められるので、農業に馴染みのない学生が学科の授業や農場実習だけでは十分ではない中で、広く農業技術の知識を取得する上での動機付け、さらに自身の勉学の到達度の判定に日本農業技術検定を役立てています。

TEL 03-6910-1126
FAX 03-3261-5131
URL https://www.nca.or.jp/support/general/kentei/

富良野で農家になろう

農業技術検定

林業就業支援ナビ

『緑の雇用』RINGYOU.net

移住相談窓口

新規就業情報

募集・求人情報

農園歳時記

全国新規就農相談センター

全国農業新聞

新規就農本

全国農業図書

全国農業会議所