「iju info」/移住インフォ 移住情報
農林漁業就業・ふるさと情報  Produced by NCA 全国農業会議所
募集・求人情報
分類/エリア 農業/全国
名称 JAグループ
キャッチコピー 今こそ力を合わせたい。 私たちの守りたいものが、 この先も続いていくように。
掲載情報

今こそ力を合わせたい。
私たちの守りたいものが、
この先も続いていくように。

一人ひとりがつながり、お互いに支え合い、
誰ひとり取り残すこと無く、未来へつないでいく。
そして、みんなのくらしを良くしていく。
JAの協同組合精神と、SDGsの理念は深いつながりがあります。

地域に根ざし、地域と共に歩んできたJAグループの取り組みは、
これまでと何も変わりません。
世界中がSDGsの目標達成に向けて力を尽くす中、
私たちの取り組みはさらに大きな意味と責任を持ちます。

JAグループは一体となって、食と農を基軸とした
総合事業のサービスを提供し、地域の食・農・くらしが
いつまでも持続可能であるように、皆さんと共に歩んでいきます。
決して無くしてはいけないものを、しっかりと未来につないでいきます。
豊かでくらしやすい地域共生社会の実現に向けて。
地域の皆さんと、手を取り合って。

JAグループが取り組む、地域に根差した活動
あんしん
日本の食の安全・安心に努めています

だいち
地域の農業をコーディネートしています

くらし
豊かで安定したくらしをサポートしています

たすけあい
高齢者や家族の生活・健康を支えています

みどり
日本の美しい自然・環境を農業で支えています

みらい
子どもたちに食と農の大切さを伝えています

国産を選ぶ。
それは、未来へつながるお買い物。

『国民が必要として消費する食料は、できるだけその国で生産する』。この考え方を「国消国産(こくしょうこくさん)」といいます。これは、私たちの何気ない日常を彩り、生活を支えてくれる豊かな「食」を明日へつないでいくために、一人ひとりがきちんと向き合い、考えなくてはいけない重要なテーマだとJAグループは考えています。
日本の食料自給率は依然として過去最低水準です。もし、世界的な気候変動や人口増加による食料不足で、様々な国が輸出を制限してしまったら、私たちの食生活はどうなってしまうのでしょう。日本の農業は、担い手の高齢化・減少が進み、耕されず荒れてしまった農地が増えています。農畜産物は短期間で生産を増やすことが難しく、一度荒れた農地を再び生産できる状態に戻すには、長い時間と大変な労力が必要です。さらに、農業・農村には、洪水等の災害から街を守り、多様な生き物の住み家になるなど、食べ物を生み出すほかに多くの役割がありますが、これらの役割を維持することも難しくなってきています。
このように、いま、日本の食・農は多くの課題に直面しています。その課題を解決するためにも、「国消国産」はとても大切な考え方です。
JAグループは、皆さんの豊かな食生活を、そして、日本の農業を、持続可能でより良いものとするため、「国消国産」に取り組みます。皆さんも一緒に、国産の農畜産物を食べて・飲んで・応援して、大切な日本の食・農を、未来へつなぎませんか。

農業技術検定

林業就業支援ナビ

『緑の雇用』RINGYOU.net

ijuinfo電子版

ijuinfoPDF版