「iju info」/移住インフォ 移住情報
農林漁業就業・ふるさと情報  Produced by NCA 全国農業会議所

就農前の研修先の選び方は? 研修はどれくらいの期間が必要?

Q就農前の研修先の選び方は?研修はどれくらいの期間が必要?


A研修先は一般農家・農業法人。研修期間は1年以上2年未満。

最新の新規就農者のアンケート結果(「新規就農者の就農実態に関する調査・2016 年3月」)を見ると、就農前の農業研修は、「実践的な経営技術が学べる」「希望作目の研修ができる」農家・農業法人が7割を占めています。そのほかの研修先としては、農業大学校(12%)、市町村・市町村公社・農協(9%)などです。
就農前の農業研修を実際に行った期間は、「1年以上2年未満」(43%)が最も多く、次いで「2年以上3年未満」(32%)です。新規就農者が必要と考えている農業研修の期間は、「1年以上2年未満」(39%)が最も多く、次いで「2年以上3年未満」(35%)です。概ね実際の研修期間と必要な研修期間が合致しています。就農前の農業研修は、一般的に言えば、少なくとも2年前後は必要です。1作物について、〈播種−定植−栽培管理−収穫〉という1サイクルを通した実践的な研修が必要だからです。研修期間を1年とすると、1年1作の稲作や施設トマトなどでは作物の1サイクルの途中から研修に入る場合があり、1サイクルを通した研修ができなくなる場合があります。農業技術研修は2年と考える方がいいでしょう。
(出典:就農案内読本2019)

まずは、相談してみよう!

全国新規就農相談センター
【相談日】
月~金(祝祭日、年末年始除く)
【相談時間】
2時間単位での時間帯予約
(午前10時~12時、午後1時~3時、午後3時~5時)
※事前の電話予約が必要です。
専門の相談員が対応いたします。
【場所・連絡先】
〒102-0084
東京都千代田区二番町9-8 中央労働基準協会ビル2F
TEL:03-6910-1133(相談用)
TEL:03-6910-1126(代)
FAX:03-3261-5131
【交通】
JR 中央線・総武線「四ツ谷駅」麹町口より徒歩8分
東京メトロ有楽町線「麹町駅」4番出口より徒歩4分

富良野で農家になろう

農業技術検定

林業就業支援ナビ

『緑の雇用』RINGYOU.net

移住相談窓口

新規就業情報

募集・求人情報

農園歳時記

全国新規就農相談センター

全国農業新聞

新規就農本

全国農業図書

全国農業会議所