「iju info」/移住インフォ 移住情報
農林漁業就業・ふるさと情報  Produced by NCA 全国農業会議所

研修制度を使って家族で移住
農業も田舎暮らしも満喫中

島根県飯南町 中野 良介さん(38歳)
農業歴8ヶ月

兵庫県神戸市から島根県飯南町へ
兵庫県神戸市で食品業社の営業職に就いていたが、妻の「田舎で農業をやりたい」という思いに影響を受け、就農を決意。平成23 年に島根県飯南町に移住し、自身の農園を「中野あおぞら農園」と名付けて独立就農を果たす。

中野 良介 さん

町の支援を受けて移住順調にスタートした飯南暮らし

島根県の玄関口に位置する飯南町は、神戸川水系の源流地域でもある自然豊かな町だ。ここに約3年前に移住してきた中野良介さんは、町の研修制度を活用し、平成26年4月に独立就農を果たした。
「移住や就農の情報収集をしていた時、たまたま目にとまったのが飯南町でした。何度か足を運んでみて、環境も気に入ったし、役場の人からもぜひ来てほしいっていうのが伝わって、ここに決めました」。
同町ではU・Iターンをして自営就農を目指す人に、研修先の紹介や農地の斡旋、空き家の確保など、必要な支援を行っている。研修手当も支給されるため、最低限の生活資金を賄うことができる。
「何を始めるにも、役場の人が地元の人との間に入って話をしてくれるんで、安心でした。住まいは改修中の空き家を提供されて、ここに住んでくれーって。研修先はいくつかの候補の中から、自分で選んでお世話になりましたね」。
農業は全くの未経験だったが、特に不安はなかったという。2年の研修期間を通して、自分が本当にやっていけるのか見極めようと決めていた。
「研修先の師匠は厳しいことばかり言う人だったんですけど、いざ独立してみたら仕事に対するギャップもなくて。研修期間が活きたというか、師匠のおかげですね」。
町の人たちに支えられ、中野さんの新生活は順調なスタートを切った。

パプリカを中心に農業経営やりがいや生きがいを感じる日々

「中野あおぞら農園」の主力作目はパプリカだ。現在は4棟のハウスに定植しており、収穫期間は7〜11月の長期に渡る。繁茂期の夏は1日おきに収穫作業があり、収穫量も多いため、パプリカ以外の作業に手が回らない日も少なくないという。
「収穫したパプリカはきれいに拭いて、袋に詰めます。夏は朝5時に起きて、19時頃まで作業をする。気温の高い日中はたっぷり休憩を取ります」 取材に訪れた10月頃になると、作業量も比較的落ち着いてくる。
「今は朝8時頃にハウスに来て、落ち葉の掃き掃除をします。パプリカの収穫は週に2日程度。収穫がない日は露地でサツマイモの収穫をします。途中で昼休憩を90分程挟んで、夜は18時まではやらない。人手が足りないなぁとは感じているので、それをどうするかが今後の課題ですね」。
経営に関しては県の農業普及部からのアドバイスを受けながら、ゆくゆくは自分で決めていかなければならない。責任も伴うが、「やりがいや生きがいは今の方が圧倒的に感じる」と笑顔で話す。
「時間に追われない、自分で決められる。解放感がありますね。農作業で体を動かすのも気持ちがいい」とすっかり今の暮らしを満喫しているようだ。
就農して約8ヶ月。手探りで進むことも多いが、それ以上の充足感が中野さんの日々を満たしている。

わたしの田舎暮らし

人の少ない環境が一番気にいってます。ごみごみしていなくて、のどかです。小学生の娘がいるんですけど、神戸の頃に通っていた学校は全校生徒1,000人近い規模で、今の学校は全校生徒50人くらい。生徒全員に目が行き届く環境もいいなぁと思ってます。研修先の師匠に教えてもらったのは、「地元のお祭りには積極的に参加すること」、「消防団には入っておきなさい」、「お葬式には参加すること」。これを守っていたら、知り合いも増えていきましたね。移住してすぐに、地元の人が歓迎会を開いてくれて、心もあったかいし飯南町に来て良かったです。

秋季のメーン作物となるサツマイモ。収穫量も多く、手作業のため、掘り起こすのもひと苦労。

秋季のメーン作物となるサツマイモ。収穫量も多く、手作業のため、掘り起こすのもひと苦労。

 飯南町は標高1,000m級の山々に囲まれた山 間高冷地帯。のどかな風景が広がる。


飯南町は標高1,000m級の山々に囲まれた山 間高冷地帯。のどかな風景が広がる。

冬期に収穫するダイコン畑。

冬期に収穫するダイコン畑。

種まきや間引きの作業は大変だが、ある程度育てばほうっ ておいても大丈夫だという。
「ハウス内での作業が忙しいため、露地野菜はあえて手のかからない作目を選んだ」と中野さん。

鮮やかな色がまぶしい。 オレンジや黄色 の実も付ける。

鮮やかな色がまぶしい。
オレンジや黄色 の実も付ける。

地元の人が貸してくれた農機具。 一度に持てない荷物を一気に運んでくれる。

地元の人が貸してくれた農機具。 一度に持てない荷物を一気に運んでくれる。

目標は6次化と販路の開拓

富良野で農家になろう

農業技術検定

林業就業支援ナビ

『緑の雇用』RINGYOU.net

移住相談窓口

新規就業情報

募集・求人情報

農園歳時記

全国新規就農相談センター

全国農業新聞

新規就農本

全国農業図書

全国農業会議所